子宮内膜症と診断。体質改善できますか/漢方で新しい命支えるエネルギー生産を | 漢方の千幸堂薬局(広島市)

漢方FAQ

子宮内膜症と診断。体質改善できますか/漢方で新しい命支えるエネルギー生産を

子宮内膜症と診断され、半年間、月経を止めるホルモン療法を続けましたが、その後も妊娠しないので不安です。体も疲れやすく、下半身の冷えがあり、腰痛もあります。漢方で体質改善できますか?(30歳女性)

不妊治療を進める段階で、子宮内膜症があれば、それをきちんと治療することはとても大切です。さらに腹腔内での癒着がひどいと思われるときには、手術が必要なときがあります。しかし、疲れや、冷え、血行障害、生理痛、貧血、月経血に血の塊があるなど、体の不調を整えるのには漢方薬が助けになります。
冷えのひどい場合を陽虚といい、生命をつかさどるエネルギーが不足している状態です。母体となる体が、生きるだけで精一杯という状態では、もうひとつの新しい命を体に宿し、十月十日でひとつの命を生み出せるわけがないのです。
新しい命を支えるエネルギーと血液を生産するための体質改善をすることで、妊娠の可能性を高めていくことができます。
ホルモンバランスを整え血行を良くする漢方薬としては、温血湯や、当帰養血精、丹参製剤を使い、経路を温め、血液を増やしていきます。また、冷え性を改善するには「おたね人参」のお茶が一番です。
低温期と高温期の差が少ない方には腎を強くする、海蛇エキスや紫河車を服用し、子宮内膜が暖かく、やわらかい状態を保てるようにしていきます。
そのほか、精神状態を安定させることも重要です。自分の中の不安や焦りを吐き出し、妊娠に向け前向きに考えられるようになると良いですね。
ぜひ、女性薬剤師にご相談ください。一日でも早く、お母さんになれる日が来るように応援します。


漢方のご来店相談 ご予約はこちらから
漢方の千幸堂薬局(月~金:10時~18時)0120-928-751
詳細・アクセス
漢方ラボ千幸堂(月~金:10時~18時)0120-928-752
詳細・アクセス
千幸堂 店舗案内
漢方の千幸堂薬局
漢方ラボ 千幸堂
漢方の千幸堂薬局 地図
漢方ラボ 千幸堂 地図
このページの先頭へ戻る
mautic is open source marketing automation