紫外線アレルギーの対策に日焼け止めと一緒に漢方の薬も使ってみる

紫外線アレルギー-アイキャッチ画像

紫外線アレルギーは日光過敏症ともいわれ、皮膚に赤み、痒みをともなったり、重篤な場合には吐き気を催すなど、医療機関での適切な治療が必要と言われています。漢方の千幸堂薬局では、栄養療法、漢方薬での体質改善を併用することにより、紫外線で誘発されるアレルギー反応を低くする体づくりをサポートしています。

目次

紫外線アレルギーについて千幸堂の3つのアプローチ

紫外線アレルギーについて千幸堂の3つのアプローチ
  1. 皮膚につけるものや外用薬を選別し、目的をもって塗っていく『お肌のケア』
  2. 肌を丈夫にするための栄養を摂り皮膚の源である血液を元気にしていく『栄養療法』
  3. 気血水のバランスを漢方で整えアレルギー体質改善をしていく『漢方薬での体質改善』
紫外線により引き起こされるアレルギーに対しての対処法だけではなく、アレルギーを起こさない体づくりを一緒に目指しましょう。

お肌のケア

  1. かゆみや炎症などの症状を伴う場合のケア
    • 漢方薬入りの外用薬を塗布したり、スクワレンなど自然な成分からできた外用薬を用い皮膚の修復を手助けします。
  2. 肌に優しいUVケア
    • 世の中にはたくさんのUVケア商品がありますが、小さな子供から紫外線アレルギーも出ますので、紫外線吸収剤他添加物の少ないUVケアをお勧めします。
  3. お肌によい成分で保湿
    • カルシウムゲルを肌に塗ることで、お肌に潤いを与え、細胞レベルから丈夫にすることができます。カルシウムはアレルギーを調整するミネラルですので、外用でもお勧めしています。
    • 乾燥肌にはスクワレンも使用していきます。外用すると紫外線からも肌を守ってくれます。

栄養療法

  1. 皮膚を丈夫にする栄養を摂る
    • 皮膚は血液とほとんど同じ材料で出来ています。特に血液と皮膚はタンパク質からできています。タンパク質をしっかり摂って丈夫な皮膚を作ります。
  2. 皮膚を紫外線から守る栄養を摂る
    • 特にベータカロテンをしっかり補給することで皮膚を紫外線から守ることができます。
  3. アレルギーの炎症を抑える栄養を摂る
    • オメガ3の脂は抗炎症作用があります。

漢方薬での体質改善

東洋医学ではアレルギー体質になるのは、気血水のバランスが崩れることから始まると考えます。

    • 気のバランスが崩れていると、ストレスがあったり、疲れていたりすると、さらに活気がなく元気がでない状態になることがあります。
    • 血のバランスが崩れていると、貧血気味で、酷いときにはめまいやふらつきがあったり、血流が悪いことで肩凝りや頭痛を引き起こす状態になることがあります。
    • 水のバランスが崩れていると、水分代謝が上手くできていないことでむくみを感じたり、身体が重だるく、ひどい場合には頭痛や吐き気をともなう状態になることがあります。

このような身体の抵抗力や免疫力が落ちている時にアレルギーを起こしやすくなるので、何が乱れているのかを体質の状況から見て、漢方で気血水のバランスを整えていきます。

毎日の生活養生法とご自宅でのケアについて

バランスの良い食事を心がけ、野菜や良質なタンパク源となる魚・卵・豆類・肉類をしっかりとる。えごま油やアマニ油を積極的に取り入れ、脂の質に気をつける(オメガ3脂肪酸)。添加物の多い加工食品は控える。

紫外線アレルギーでお悩みの方は
漢方の千幸堂薬局にご相談ください
  • 『お肌のケア』、『栄養療法』、『漢方薬での体質改善』の3つのアプローチで紫外線アレルギーをサポートします。
  • 毎日の生活養生法とご自宅でのケアについても丁寧にご説明します。
  • 紫外線アレルギーを起こさない体づくりを一緒に目指しましょう。
お気軽にご相談ください
  • 漢方の千幸堂薬局が漢方での体質を分析し、漢方薬による紫外線アレルギーの体質改善をサポートします!
  • 漢方が初めての方でも、値段の相場をお伝えしたり、予算をお見積もりすることも可能です。

紫外線アレルギーとは?

日光過敏症ともいわれ、健康体の人では問題が生じない程度の日光に過剰に反応して皮膚に炎症が起きている状態です。一般的な日焼けとは、原因やメカニズムが違います。いわゆる日焼けは、日光に含まれる有害な紫外線(目に見えない光線)によって、肌がやけどをしたような状態になることで、真夏に多く、誰にでも起こり得るものです。一方、日光過敏症は、特定のアレルギーや体質、薬剤の影響などの背景を持つ人が、日光に当たって発症します。

主な症状

日光にさらされた皮膚の部位、特に首や、手の甲、まぶたや目などにかゆみや発疹、ぶつぶつ、赤みなどが生じたり、腫れて水膨れができたりといった炎症を起こします。日光アレルギーの人は、通常ならば反応が起きない程度の紫外線量に対しても敏感に反応し、炎症が起こってしまいます。

原因となる物質

  • 外因性の日光過敏症
    • 原因となる物質(内服薬、外用薬、化粧品、食品など)を避けることで、症状が出なくなるようにします。ただし、内服薬など、原因となる物質の使用を中止したとしても、しばらくは原因物質が体内に残っているので、約一週間はできるだけ光線を浴びないように工夫する必要があります。
  • 内因性の日光過敏症
    • 遺伝子によるものなど、生涯にわたって付き合っていかなくてはならないものもあり、対処法は西洋医学では見つかりにくいのです。

予防と対策

  • 西洋医学的アプローチ
    • 紫外線により引き起こされるアレルギーに対しての対処法 基本的には遮光をしながら、原因となる疾患の治療を行います。かゆみ、赤みなどの皮膚症状に対しては、抗ヒスタミン薬の内服治療を行うこともあります。 局所療法としては外因性、内因性共に、ステロイド外用剤を使って、皮膚の赤みやかゆみなどを抑える治療を行います。
  • 東洋医学の教えから千幸堂的アプローチ
    • アレルギーを起こさない体づくりに取組み、栄養療法、漢方薬での体質改善を併用することにより、紫外線で誘発されるアレルギーの反応を低くなるようにサポートします。

漢方についての理解を深め、心身ともに健康な状態を目指していきましょう

いつまでも我慢しないで、快適な生活ができるように一緒に考えて行きましょう。現代の様々な紫外線アレルギー対策を含めて、漢方を併用することにより、より自然に近い方法で身体を傷つけることなく対応することもできます。

千幸堂では多種多様な漢方と栄養素を揃えています。薬剤師と管理栄養士がタッグを組み、あなたのお悩みに合わせてベストな漢方と栄養素を処方できるので、是非、気軽にご相談ください。

  • 漢方の千幸堂薬局
11時~18時 水曜・日曜・祝日を除く
紫外線アレルギーで悩んでいるなら
一度漢方相談をしてみよう!

自分の心と体に向き合い、心身のバランスを整えていくために、漢方薬局は強い味方になります。千幸堂ではメールやLINEでの問合せにも対応しているので、ご相談ください。

漢方の千幸堂薬局では漢方相談で、それぞれの悩みや体質に合った漢方薬をお届けします。

お気軽にご相談ください

LINEでお問い合わせ

LINEでのご相談を受け付けております。どうぞお気軽にご利用下さい。

スマートフォンから登録
ボタンをタップで友だち追加ページが開きます
QRコードから登録
QRコードをスキャンすると友だち追加できます

漢方相談お問い合わせフォーム

※お電話で連絡してもよい場合は、日中(11時~18時)最もつながりやすい番号をご記入ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

chiyukiのアバター chiyuki 漢方の千幸堂薬局 代表薬剤師

漢方の知恵を使って、多くの方に健康と幸せをお届けしたいと願い、広島で23年間、延べ1万人以上の漢方相談を行ってきました。

目次