冷えは万病の元!梅雨の不調、思い当たりませんか? | 漢方の千幸堂薬局(広島市)

千幸堂 NEWS

冷えは万病の元!梅雨の不調、思い当たりませんか?

漢方では身体を構成する「気・血・水」の「水」を「津液(しんえき)」と
呼んでいます。この一部は「血」になるため「血」の原料でもあります。
この津液が停滞すると身体の中で不要な形に変化します。これを「湿痰(しつたん)」と呼びます。
「痰」とは体内に滞っている不要な水分のこと。痰がにあれば頭痛
にあれば神経痛肩こりにあれば膝関節痛むくみとなります。
身体にとって必要不可欠な「水」も余分に溜まると逆に健康を害してしまう、
ということですね。
次のような症状に思い当たることはございませんか?
・頭が重く感じる
・体が重だるい
・ふらつくようなめまいを感じる
・脚がむくみやすい
・雨の日や湿度の高い日には体調を崩す

梅雨時は皮膚からの水分の発散が湿気のため悪くなり
身体のあちこちで水分が停滞します。
そのため胃腸の働きが鈍くなり、食欲が落ちたりもします。
胃腸のトラブルが多いのも梅雨時です。
そして、このころの風邪もお腹にきて下痢になりやすいのです。
水分の代謝が悪い=水はけが悪い=身体が冷える、ということです。
身体は冷えると代謝や免疫力など、様々な機能が低下します。
逆に温めることは内臓機能を高め、免疫力のアップにもなります。
これから本格的な夏に向けて、気温がますます上がり
冷房や冷たい食べ物・飲み物などで、身体を冷やす機会が多くなります。
冷えは万病の元!
「身体がだるい」「疲れが取れない」という方はぜひご相談くださいね。
漢方で不要な「水」をすっきり流して、元気に夏を迎えましょう!!


漢方のご来店相談 ご予約はこちらから
漢方の千幸堂薬局(月~金:10時~18時)0120-928-751
詳細・アクセス
漢方ラボ千幸堂(月~金:10時~18時)0120-928-752
詳細・アクセス
千幸堂 店舗案内
漢方の千幸堂薬局
漢方ラボ 千幸堂
漢方の千幸堂薬局 地図
漢方ラボ 千幸堂 地図
このページの先頭へ戻る
mautic is open source marketing automation