コロナ疲れで病む人・病まない人には決定的な差があるのです!コロナうつを防ぐたった《3つの秘策》 | 漢方の千幸堂薬局(広島市)

千幸堂 NEWS

コロナ疲れで病む人・病まない人には決定的な差があるのです!コロナうつを防ぐたった《3つの秘策》

皆様、こんにちは。薬剤師の《横山》です。

「大丈夫かなぁ、コロナ。仕事は行かなければいけないので不安です」

「自分の免疫力を強くするためにササヘルスや漢方飲んでいるから大丈夫ですよね?」

テレビを見れば、ニュースに不安があおられる…
楽しみにしていた行事や外出もおあずけ…
家にいる時間が長く、ついつい食べることで、

ストレス解消、いつの間にか体重が増える…

初めての経験に、どうしていいのか、わからなくなってしまいますよね💦

今のような不安という《過剰なストレス》が加わると、

脳の“交感神経”の働きが活発になり過ぎて、

寝つきが悪くなったり、眠りも浅くなります。

 
そのせいで【不安、緊張、疲労】がどんどん溜まってしまいます

コロナウィルスに罹ることももちろん嫌ですが、

その恐怖のせいで身体が病気になったり、

うつや神経症にならないで欲しいのです

 
そこで【コロナうつを防ぐ】 ”3つの秘策” をご紹介します

【1】気滞(きたい)を流す
━━━━━━━━━━━━━━━━
漢方では不安やモヤモヤ感、恐怖など気の流れが渋滞を起こしている状態を

「気滞(きたい)」と言います。

ため息がでるのは気の流れが滞っていて、それを出したくなるからです。

ヨガをしたり、うたを歌ったり(鼻歌でも可)、

みかんやチンピなど香りがある食材をお茶や料理にとり入れたり、

においを嗅いだりして《気の流れ》を良くしましょう

【2】胃腸の力をつける
━━━━━━━━━━━━━━━━
「気」というのは生命力を支えるパワーのことです

この「気」は胃腸でつくりだされます。

胃腸が弱い方は《ササヘルスや漢方薬》を飲んで、

胃腸の力をつけておくのが良いでしょう。

【3】身体を冷やさない
━━━━━━━━━━━━━━━━
暖かくなってきたので、冷たい飲み物や食べ物を摂りがち💦

しかし、免疫力は《体温が1℃下がると30%低下》すると言われています。

湯船に浸かったり、すき焼きなど温かく、たんぱく質やビタミン、

ミネラルたっぷりのお料理を食べてください。

いつか必ず終わる日がくるので、その時まで健やかで、

少しでもこころが穏やかでありますように。

一緒に頑張って乗り越えましょう!!

免疫力を上げたい方、コロナうつを防ぎたい方は、

ぜひ千幸堂の薬剤師、登録販売者にご相談ください。

千幸堂ではお一人お一人の体質を診て、漢方薬をお選びしております

漢方薬は1日分495円~

お電話またはLINEの1:1トークからもご相談できますよ。

お気軽にお問い合わせくださいませ。


漢方のご来店相談 ご予約はこちらから
漢方の千幸堂薬局(火~土:10時~13時、14時~19時)0120-928-751
詳細・アクセス
漢方ラボ千幸堂(月~土:10時~13時、14時~19時)0120-928-752
詳細・アクセス
2020全国実力薬局100選「不妊・子宝部門」漢方の千幸堂薬局ページへ 2020全国実力薬局100選「漢方・相談薬局部門」漢方の千幸堂薬局ページへ
このページの先頭へ戻る