本格的に夏を迎える前に、真夏を乗り切る漢方薬は? | 漢方の千幸堂薬局(広島市)

千幸堂 NEWS

本格的に夏を迎える前に、真夏を乗り切る漢方薬は?

日本の夏は、気温の高さだけでなく、湿度も高いことが身体の不調を引き起こしやすくしています。

今年は遅い梅雨入りににジメジメとした気候が続いています。押し入れや部屋の中が、湿気でジメジメしているように、身体も「湿」の影響をうけます。「湿」は、重いという性質をもっているため、身体が重だるい、手足や頭が重いなどの症状があらわれます。

湿邪の影響を一番受けるのが、胃腸などの消化器官

食欲がおち、消化も悪くなるため、カラダ全体に栄養が行き渡らないため、水分代謝も落ちて、むくみが起こります。女性がお悩みの下半身のむくみは、重いという性質をもっている湿邪が原因で起こる症状とされています。近年では、さらに長時間冷房の中にいることが多いため、身体が冷え、消化機能を低下させてしまうことも夏バテをおこしやすくなっています。

暑さでやる気も出ない上に、食欲も出ない、ミネラルはどんどん失われ悪循環に・・・

そのままの状態が続くと回復がむずかしくなり、不眠や自律神経失調症になってしまいます。

本格的な夏を迎え、慢性化する前に栄養で備えを、漢方薬で対策を!!

清暑益気湯やカキ肉エキスのサプリメントおすすめです~

その他症状に合わせた漢方お選びいたします。ご相談くださいませ。


漢方のご来店相談 ご予約はこちらから
漢方の千幸堂薬局(月~金:10時~18時)0120-928-751
詳細・アクセス
漢方ラボ千幸堂(月~金:10時~18時)0120-928-752
詳細・アクセス
2019全国実力薬局100選「不妊・子宝部門」漢方の千幸堂薬局ページへ 2019全国実力薬局100選「漢方・相談薬局部門」漢方の千幸堂薬局ページへ
このページの先頭へ戻る