子宮筋腫を小さくするのに漢方が役立つ?子宮筋腫の概要や原因などを徹底解説

子宮筋腫-アイキャッチ画像

子宮筋腫に悩む女性は年々増えています。30歳以上の2~3割にみられ、珍しいものではなく、誰しもなるかもしれない病気でもあります。治療方法に薬物や手術を考える人も多いでしょうが、漢方での治療も有効であると考えられています。不明な部分も多い子宮筋腫ですが、この記事では子宮筋腫の概要や症状などに触れ、その原因や漢方薬についても解説します。

漢方の千幸堂薬局では『子宮筋腫の漢方相談』にメールやLINEで対応しているのでお問い合わせください。

目次

子宮筋腫について千幸堂の3つのアプローチ

子宮筋腫は症状がない間は気が付かずに済みますが、健康診断や婦人科検診で見つかります。

子宮の中のどの部分にできているかにもよりますが、月経過多になったり、性交痛があったり、便秘や頻尿になるなど大きくなると症状が現れてきます。

日常生活が問題なく過ごせるようであれば、そのまま経過観察でもよいと思いますが、妊娠を希望されていたり、上記のような症状がありましたら、漢方で今以上に子宮筋腫を大きくしないように、あるいは、少しでも小さくできるようであれば体質改善をした方が良いと思います。

子宮筋腫について千幸堂の3つのアプローチ
  1. 子宮筋腫は瘀血と考えます。瘀血を流し塊を小さくしていく漢方薬を使っていきます。
  2. 子宮の細胞が、分裂の異常で子宮筋腫となっていきます。栄養素では、ビタミンAや亜鉛が不足して、分化がうまくいっていない可能性もあります。何が不足しているのか見極めながら食事指導、健康食品を使っていきます。
  3. 閉経前の方の子宮筋腫の対応と、妊娠希望の方と、あるいは子宮筋腫があるために日常生活に支障がある方などその方の状態に合わせて漢方での子宮筋腫のアプローチを考えて行きます。
閉経前か閉経後か、妊娠を希望するかしないかで子宮筋腫に対するアプローチが違います。それぞれに合わせて対応することが大切です。

子宮筋腫の不快症状に漢方の使用をオススメする理由

子宮筋腫が見つかり、それを小さくするには西洋薬のホルモン剤を使うことが一番早く小さくなります。

しかしホルモン剤を使うことで更年期症状のような副作用が出たり、体重が増えたり、自律神経が乱れたり、血栓症を起こすなどホルモン剤が身体に合わない方もおられます。

また、ホルモン剤で一旦小さくなった子宮筋腫も治療を止めるとまた大きくなることがあります。何回も治療を繰り返すことになります。

既にお子様がおられる方は、子宮そのものを摘出する手術を薦められることもあります。最近では経腟手術もあるので、昔ほど大きな傷がお腹にできることはありませんが、やはり子宮を摘出するのに抵抗をお感じの方もおられます。

漢方で子宮筋腫に対応するとホルモン剤と比べて副作用が少ないですし、経血量の調節や月経過多による貧血症状の改善もできます。また、子宮筋腫ができにくい体質へ改善することもできます。閉経が近い方でしたら、手術をせずに、そのまま閉経まで子宮筋腫を持っておられてもあとは自然に小さくなることもあります。

子宮筋腫でお悩みの方は
漢方の千幸堂薬局にご相談ください
  • ホルモン剤を使うことが怖い方
  • できたら筋腫のために子宮摘出をしたくない方
  • 自然な方法で閉経まで過ごしたい方
子宮筋腫をお持ちでこのようなお悩みをお持ちの方は是非ご相談ください。
  • 漢方の千幸堂薬局が漢方の体質を分析し、子宮筋腫の不快な症状を少なくする漢方をご提案します!
  • 漢方が初めての方でも、値段の相場をお伝えしたり、予算をお見積もりすることも可能です。

まずは子宮筋腫について知ろう!特徴や原因などについて

そもそも子宮筋腫とは、どのような状態を指していうのでしょうか。子宮筋腫の治療法や漢方の種類を紹介する前に、まずは子宮筋腫の特徴や原因などの基本知識を確認しておきましょう。

子宮筋腫の特徴

まず子宮筋腫とは腫瘍、つまり瘤のことです。その名の通り、子宮にできる筋肉の瘤(こぶ)です。子宮平滑筋が原発の良性腫瘍のことを子宮筋腫と診断します。ほぼ全女性の2割から3割が大なり小なり、子宮筋腫を持っているといわれています。

 筋腫は女性ホルモンの影響を受けて増大するため、初経前の幼児期や学童期に問題になることはありません。また、閉経して女性ホルモンが出なくなるに従い、筋腫も縮小するため、閉経後は筋腫があっても縮小しており、問題になることは稀です。子宮筋腫が問題になるのは性成熟期から更年期、つまり20歳前後から40代、50代にかけてです。

子宮筋腫はどんな人がなりやすいの?原因は?

初潮年齢の早い人、また出産経験がない人、妊娠回数の少ない人、肥満、糖尿病、高血圧、アルコール摂取も子宮筋腫のリスクが高いといわれています。この考え方はホルモンバランスの乱れによるものと考えられています。

一方、漢方医学には「気・血・水」のバランスが取れ、うまく循環していることで健康が保てるという独特の考えがあります。子宮筋腫の場合も「気・血・水」のバランスが関係しています。気が少なくなり、血の巡りが悪くなり、その影響で水の流れも悪るくなるため、子宮に滞りが生じます。特に血の流れが重要視され、子宮筋腫は「瘀血」が原因とされます。

子宮筋腫による不快な症状

主な症状としては、過多月経、過長月経、月経困難症(生理痛)、不正出血などです。過多月経や過長月経ではそれによって重度の鉄欠乏性貧血を引き起こすことがしばしばあります。

一番問題なのが不妊症の原因になったりすることもあります。

筋腫が悪性化しないかを良く心配されますが、現在の統一見解として、筋腫は悪性化しないといわれています。子宮筋腫と同じく子宮平滑筋が原発となる腫瘍に子宮筋肉腫という悪性腫瘍がありますが、これは子宮筋腫が悪性化したものではなく、症状や診察所見が子宮筋腫に似ているだけであって、もともと別の疾患だといわれています。

年代や症状によって違う!子宮筋腫におすすめの漢方とは

閉経前か閉経後かあるいは妊娠を希望されているかどうかで漢方や治療法が変わってきます。

妊娠を希望されるとき

まずは、生殖医療専門の病院で子宮筋腫の大きさや、位置を確認し、着床に問題があるかどうかを確認します。その後、手術で子宮筋腫を摘出する場合は、その後半年間は子宮を休めますので、その間漢方薬で子宮の血流改善と瘀血改善をしていきます。

そうすることで着床率が非常に上がるからです。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や芎帰調血飲第一加減(キュウキチョウケツインダイイチカゲン)や折衝飲(セッショウイン)など体質にあわせて調合します。

閉経間近の方

もうすぐ閉経を迎える時期の方は、そのまま月経過多や生理痛などの症状にアプローチして体調を整え、閉経を迎え、閉経後自然に子宮筋腫が小さくなるのを待ちます。芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)三七人参、などを飲んでいただき、これから迎える更年期症状も穏やかになるように体質改善しながら、子宮筋腫に対応することができます。

妊娠の予定がなく手術を薦められている場合

妊娠しなければ生理が毎周期あります。生理があるごとに子宮筋腫が大きくなっていまいます。

妊娠の予定がない場合は、まずはホルモン剤で子宮筋腫を小さくします。その治療中の副作用を漢方薬で抑えながら、半年間ほど治療を継続するとほとんどの子宮筋腫が小さくなります。

その後ホルモン剤治療が終わらせた後、子宮筋腫が大きくならないように漢方だけで治療を続けることができます。

食べ物や栄養バランス、運動など生活養生も含めて子宮筋腫ができにくい体質にしていくことができます。

まずは、今の子宮筋腫による不快な症状を止めていくことが一番大切です。

漢方についての理解を深め、心身ともに健康な状態にして子宮筋腫を克服しましょう

子宮筋腫は死に直結するような重症な病気ではないですが、毎月辛い思いをするところが困難なところです。

いつまでも我慢しないで、快適な生活ができるように一緒に考えて行きましょう。手術を薦められて怖い思いをされておられるかもしれませんが、現代の医学の治療を含めて、漢方を併用することにより、より自然に近い方法で身体を傷つけることなく対応することもできます。

千幸堂では多種多様な漢方と栄養素を揃えています。薬剤師と管理栄養士がタッグを組み、子宮筋腫の悩みに合わせてベストな漢方と栄養素を処方できるので、是非、気軽にご相談ください。

子宮筋腫で悩んでいるなら
一度漢方相談をしてみよう!

自分の心と体に向き合い、心身のバランスを整えて子宮筋腫の悩みを解消するために、漢方薬局は強い味方になります。千幸堂ではメールやLINEでの問合せにも対応しているので、ご相談ください。

漢方の千幸堂薬局では漢方相談で、それぞれの悩みや体質に合った漢方薬をお届けします。

お気軽にご相談ください

子宮筋腫のご相談でよくある質問(FAQ)

将来、妊娠を希望していますが子宮筋腫があるのがわかりました。経過観察といわれている状況なのですが漢方薬を使うのはどうでしょうか?

将来、妊娠希望の方には、良性の経過観察の期間に漢方薬を役立てるのもよいと思います。子宮筋腫は生理がある限りじりじりと大きくなることがありますし、子宮筋腫が過多月経の原因になると貧血状態が生じやすくなるためです。漢方では子宮筋腫ができやすい体質には、血流が滞りやすく肩こりや頭痛がある方、血虚で血が少なくて体力がない方、ストレスが多く気の巡りが悪い方など様々なタイプがあります。漢方の千幸堂薬局では子宮筋腫の体質改善のために、漢方薬と細胞分裂に関係する栄養素の両面からアプローチしていきます。

もう少しで閉経になる年齢ですが、子宮筋腫があり月経過多と過長月経に悩まされています。漢方薬で少しでも和らぐことがありますか?

ご年齢からもう少しで閉経ですので、月経過多や出血が長引いているのを閉経まで漢方薬で和らげていける可能性があると思います。しかし、貧血がひどいと動悸やめまい・ふらつきも起きやすくなります。また、ヘモグロビンも少ないとさらに危険です。安心して進めていくために、婦人科でそのあたりの状況も確認された上で、漢方薬で調整していければと思います。

漢方相談お問い合わせフォーム

LINEでお問い合わせ

LINEでのご相談を受け付けております。どうぞお気軽にご利用下さい。

スマートフォンから登録
ボタンをタップで友だち追加ページが開きます
QRコードから登録
QRコードをスキャンすると友だち追加できます
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次